人気のオンラインカジノ

新規会員登録数が多い順のランキング

優良なオンラインカジノで、「新規会員登録」の人数が、多い順番のランキングです。
   
オンラインカジノ人気ランキング
スマホで遊べるベラジョン

  
オンラインカジノ人気ランキング
   
●運営会社: Plain Support社
  【株式上場企業】
●設立: 2011年2月26日
●本社: コスタリカ(中央アメリカ)
●ライセンス: マルタ共和国(審査が厳しく、取得困難といわれる世界的金融国家)
マルタ共和国(イギリス連邦加盟国)は世界でも有数の金融国家で富裕層に非常に人気が高いです。
ベラジョンの解説はこちら
  
  
  
オンラインカジノ人気ランキング
スマホで遊べるエンパイア
   

オンラインカジノ人気ランキング
  
●運営会社: Nugget Projects Inc
●設立: 2015年2月13日
●ライセンス: フィリピン
スマートフォンやタブレットに完全対応し、ダウンロードの必要がないブラウザゲームを採用した次世代オンラインカジノ。
運営会社は海外のランドカジノ企業で、実際のカジノを運営しています。
ライブゲームでの「バカラ」だけでも50テーブルと非常にたくさんの美女が待機しているエンパイアでは、100万円以上をバカラで稼ぐツワモノが大勢います。
エンパイアの解説はこちら
 

  
 
オンラインカジノ人気ランキング
スマホで遊べるW88
    

オンラインカジノ人気ランキング
  
●運営会社: MARQUEE HOLDINGS LTD
●設立: 2013年7月
●ライセンス: フィリピン
2015年11月に日本上陸したばかりの「W88」は、
一つアカウントを作成するだけで、
「ライブテーブルゲーム」、
「スロットマシーン」、
「スポーツべッティング」、
「ポーカールーム」、
「キノルーム」といった、5つ全てのカジノ主流ゲームを本格的に楽しめるのでオススメです。
W88の解説はこちら 
 
  
オンラインカジノ人気ランキング
スマホで遊べるネットベット
   

オンラインカジノ人気ランキング
  
●運営会社: iSoftBet
●設立: 2001年
●ライセンス: マルタ共和国
イギリス・フランス・イタリア・マルタ・スペインなどヨーロッパを中心に知名度が高く人気を博している、オンラインカジノ&スポーツベッティングの老舗サイトが「NetBet(ネットベット)」です。
2014年2月に日本に上陸し、日本語完全対応・スマートフォン対応・非ダウンロード型ブラウザゲームの3つの最新形式すべてを採用している、現在最も注目度が高いカジノの1つです。
ネットベットの解説はこちら
 
 
 
オンラインカジノ人気ランキング
スマホで遊べるウィリアムヒル・カジノ


   
オンラインカジノ人気ランキング
  
●運営会社:William Hill
●設立:1934年
●ライセンス:ジブラルタル

1934年にイギリスで創立、ブックメーカーとしてビジネスを始め、knowledgeable(精通している)、honest(正直な)、 trustworthy(信頼できる)という高い評判を得ました。
ロンドン証券取引所で株式上場している超有名なギャンブル企業です。
世界175カ国以上にわたるユーザーを持ち、6カ国語、11種類の通貨に対応しています。
オフラインでももちろん2300の店舗を有し、100万件を超えるベットを受けています。
電話による賭けの受付は、600回線での同時対応可能というイギリスでは最大の電話スポーツベッティング会社として有名です。 
William HILLの解説はこちら
  
   
  

オンラインカジノは違法ですか?

結論から申しますと、『違法ではありません』。
  
オンラインカジノを取り締まる法律はありません。
 
日本人がマカオやラスベガスでカジノを楽しめることも、
国外での取り締まる法律がないからです。
 
◆注意
『オンラインカジノ』を悪用してはいけません。
たとえばTV放送で、
時代劇で言えば、
サイコロ振って「ハンか?、チョウか?」という賭博場を開く光景があったものです。
 
オンラインカジノを賭博場を開いてプレイさせる人がときどき逮捕されます。
これは、いけません。
昔の時代劇のように、賭博場を開いていることはOUTです。
 
  
さて、
身近な娯楽『パチンコ』も、ギャンブルなのです。
賭博法がありながらも、私達はパチンコやスロットで遊んでいます。
  
  
パチンコ業界では、
3店方式や4店方式という仕組みで、賭博法をかわしているのです。
 
様々な『グレーゾーン』の存在。
雀荘で賭け麻雀をする行為も違法ですが、ほとんどの人はメモ書きしておいて、後で精算するスタイルだと思います。
 
日本は「世界一のギャンブル国家」にもかかわらず、賭博を禁じているのが現状なんです。
 
例えば、
パチンコ業界の売上金額は
売上金額(2015年)の概算比較を見てみると、
●日本のパチンコ業界の売上金額は
『約19兆円』

 
●世界最大のマカオのカジノの売上は
『約2兆3千億円』
 
●ラスベガスのカジノの売上は
『約5千800億円』
    
●日本には、パチンコ以外に、競馬・競艇・競輪などなどが存在し、
その合計金額はHow much?
  
日本は、素晴らしい『ギャンブル国家』なんです。
 
そもそも、賭博罪は、
必要的共犯ないし対向犯とされており、
相手方のない賭博行為というものは観念されず、
いわば相手方 とセットで違法とされる犯罪です。
 
対向犯ですから、胴元とプレイヤーとか、管理者とプレイヤーという感じです。
この、双方を立件できなければ原則賭博罪の適用は困難といえるのです。

 
オンラインカジノの場合、
胴元とか、管理者、いわゆる経営者は、
海外で国際法に基づいて、政府から『ライセンス』を獲得して合法的に運営しています。
ですから、あなたがインターネットで接続して、
オンラインカジノをプレイして楽しんでも、問題ないといえるのです。
  
例えば、『マルタ共和国』政府が発行するライセンス。
オンラインカジノ人気ランキング
 
オンラインカジノ人気ランキング
マルタ共和国は、イギリス連邦加盟国で、世界でも有数の金融国家です。
富裕層に非常に人気が高い国家です。
 
実は、オンラインカジノは、イギリスから始まった(1994年)歴史があるのです。
イギリスの歴史から企業に対して厳しいスタイルが見えてきます。
  
プレイヤーを守るための先進国のスタイルは、
オンラインカジノでは、
『政府発行の【ライセンス】を持っていることで証明する』
というスタイルで、完成しているのです。

 
ですから、
「ライセンス」を持っているオンラインカジノでは、
世界中の人々が安心して「リアルマネー」をオンラインカジノに入金して、そのマネーで賭けて遊んでいるのです。

  
もし些細な不信があったなら、世界中の人々はオンラインカジノに入金して遊ばないです。
 
ましてや、
VIPの方々が大きなマネーを、オンラインカジノに入金して遊んでいる現実から、信頼性がないとできない行為です。

  
さあ、あなたもオンラインカジノで楽しんでください。
当サイトでは、政府発行の【ライセンス】 獲得している優良オンラインカジノだけをご紹介いたします。 

 

優良オンラインカジノ【エンパイア】
   
       

コメントを残す